横浜市 個人再生 弁護士 司法書士

横浜市に住んでいる人が債務整理・借金の相談するならどこがいい?

お金や借金の悩み

借金の問題、多重債務の悩み。
借金の悩みは、自分ひとりだけでは解決が難しい、重大な問題です。
ですがいきなり、司法書士・弁護士などに相談しようにも、少し不安な気持ちになってしまう、という方も多いでしょう。
このサイトでは横浜市で借金のことを相談するのに、おすすめの法務事務所・法律事務所を紹介しています。
インターネットで相談できるので、初めての相談という方も安心です。
また、横浜市にある他の法務事務所や法律事務所もピックアップしているので、そちらも参考にどうぞ。

借金・個人再生の相談を横浜市の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

横浜市の借金返済の悩み相談なら、この事務所がお勧めです。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
費用の支払いは、分割払いでもOK。
相談料金ももちろん0円!
借金の督促をストップするのもできます。
任意整理、過払い金、自己破産、個人再生、など、債務に関して無料相談することができます。
しかも、365日24時間、いつでも受付してくれます。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談受付が可能なので、借金返済で困っている方も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、過払い・債務の悩みが相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分に適したやり方で、どうにもならない借金問題を解決します。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円、取り戻した過払い金から支払できます。
任意整理でも、和解成功報酬・減額報酬などは一切支払わなくてよいため、お得に解決することが可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口もあるので、女性でも安心して相談できることでしょう。
まずは気軽に無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

横浜市在住の人が債務整理や借金の相談をするなら、まずこのサービスもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、ネットを使った借金解決のための診断ツール。
簡単な3つの質問に答えるだけで、借金をどうやって減らすかの方法や、月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな人にピッタリです。
しかも、匿名&無料で使えます☆
全国対応しているサービスなので、横浜市に住んでいる方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 毎月の返済額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料&匿名で利用できる!
  • 全国対応!
借金解決の第一歩として、無料診断ツールを試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断と相談を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



他の横浜市周辺の司法書士・弁護士の事務所を紹介

他にも横浜市には複数の弁護士・司法書士の事務所があります。参考にしてみてください。


●横浜パーク法律事務所
神奈川県横浜市中区山下町207関内JSビル8F
045-226-2531
http://yokohama-park-law.com

●横浜横須賀法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸2丁目10-39日総第5ビル10階
045-620-4195
http://yokoyoko-law.com

●司法書士法人長津田総合法務事務所
神奈川県横浜市長津田5丁目1番13号
045-988-0157
http://nagatsuta-jutakuloan.com

●弁護士法人泉総合法律事務所横浜支店
神奈川県横浜市西区南幸2丁目20-2共栄ビル6階
045-312-1488
http://springs-law-yokohama.com

●横浜都筑法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央42-21第2佐藤ビル304
045-350-8424
http://tsuzuki-law.jp

●横浜中央法務事務所(司法書士法人)
神奈川県横浜市中区本町5丁目49
045-212-1358

●堀尾法務事務所
神奈川県横浜市中区常盤町ニ丁目12番地ウエルス関内4階
0120-151-745
http://saimuseiri-horio.com

●みなとみらい労働法務事務所
神奈川県横浜市中区住吉町2丁目22松栄関内ビル6F
045-662-6505
http://mmrodo.jp

●横浜セントラル法律事務所
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11-15
045-324-0433
http://yc-law.jp
弁護士会交通事故個人再生債務整理倒産

●横浜弁護士会
神奈川県横浜市中区日本大通9横浜弁護士会館2F
045-201-1881
http://yokoben.or.jp

●シティ横浜法律事務所
神奈川県横浜市中区常盤町1丁目1宮下ビル6階
045-651-9635
http://city-yokohama.jp

●あおば横浜法律事務所
神奈川県横浜市都筑区茅ケ崎中央23-11OSセンター南ビル8F
045-949-5552
http://aoba-yokohama.com

地元横浜市の法務事務所・法律事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、不安なく相談できる方も多いのではないでしょうか。

横浜市在住で借金返済の問題に参っている人

借金をしすぎて返済するのが辛い、このような状況では憂鬱な気持ちになっていることでしょう。
多数のクレジットカード会社や消費者金融から借金をして多重債務に…。
毎月の返済金では、金利を支払うのがやっと。
これでは借金を返済するのは厳しいでしょう。
自分1人では完済しようがない借金を借りてしまったなら、まずは法律事務所や法務事務所の門をたたいてみましょう。
司法書士・弁護士に、現状を話して、解決案を授けてもらいましょう。
最近では、相談は無料で受け付けてくれる法務事務所・法律事務所もずいぶん増えてきたので、勇気を出して門を叩いてみるのはいかがでしょう?

横浜市/債務整理は弁護士に依頼するのがいい?|個人再生

債務整理とは、借金の返金が滞りそうに時に借金をまとめる事でトラブルを解決する法律的な手法です。債務整理には、自己破産・任意整理・民事再生・過払い金の4種類の方法があります。
任意整理は、裁判所を通さないで債務者・債権者が直に話し合って、利子や月々の返済金を少なくする進め方です。これは、出資法と利息制限法の2種類の法律上の上限金利が異なっている点から、大幅に縮減する事ができるわけです。話合いは、個人でもできますが、通常、弁護士の先生に頼みます。習熟した弁護士の先生であれば依頼した段階でトラブルから回避できると言っても言い過ぎではありません。
民事再生は、今現在の情況を裁判所に了承してもらって、住宅ローン以外の借金を大幅に少なくしてもらうルールです。このときも弁護士に依頼すれば申し立てまで行うことができるから、債務者の負担は軽減されるのです。
自己破産は、任意整理・民事再生でも返済出来ない莫大な借金がある際に、地方裁判所に申したてて借金を帳消しにしてもらう制度です。この際も弁護士に相談したら、手続も円滑で間違いがないでしょう。
過払い金は、本来ならば返す必要がないのに金融業者に払い過ぎたお金の事で、弁護士もしくは司法書士に頼むのが一般的です。
こういうふうに、債務整理は自分に適した方法を選択すれば、借金のことばかり気にしていた日々から一変し、人生の再出発をする事もできます。弁護士事務所によって、債務整理または借金に関して無料相談をしてる処も在りますので、連絡してみたらいかがでしょうか。

横浜市|自己破産のリスクとはどんなものか/個人再生

はっきし言って世の中で言われる程自己破産のリスクはそんなに多くないです。高価な車、マイホーム、土地など高価格なものは処分されますが、生きるなかで要るものは処分されないです。
又20万円以下の蓄えも持っていてもよいです。それと当面の間の数か月分の生活費用が一〇〇万円未満ならば持って行かれることはないのです。
官報に破産者の名簿として記載されるのですがこれも極僅かな人しか見ないものです。
またいうなればブラック・リストに記載されてしまって七年間程はキャッシング若しくはローンが使用不可能な現状になりますが、これはいたし方ない事でしょう。
あと一定の職に就職できないと言うこともあります。しかしながらこれもごく限られた範囲の職種です。
ですから債務超過で返金することが出来ない借金を抱え込んでるのならば自己破産をすると言うのも一つの手法でしょう。自己破産を行ったならば今日までの借金がすべてなくなり、新規に人生をスタートすると言うことで長所の方が大きいと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として弁護士、公認会計士、税理士、司法書士等の資格は無くなるのです。私法上の資格制限として遺言執行者、後見人、保証人にもなれません。又会社の取締役等にもなれないでしょう。けれどもこれらのリスクはあまり関係がない場合が多いのではないでしょうか。リスクはあまり大きなものではない筈です。

関連ページ